ロゴ広田湾遊漁船組合
 

3/2(土):海中熟成ワイン 水揚げ観光体験会のトライアル開催

海中熟成果実酒の初設置、[初お披露目]デザイン発表会@陸前高田も。

広田湾漁協の漁師で構成される広田湾遊漁船組合(陸前高田市:会長 大和田晴男)はお酒を海に沈めて熟成させる日本でも珍しい通年体験型の観光コンテンツ「海中熟成体験」の一環として、昨年10月に海に沈めた地元ワインの水揚げ会を3/2(土)に実施します。
 また継続訪問を促すために、新たな試みとして果実酒(甲類焼酎)の設置体験。そして初お披露目となる本取組みの各種デザインの発表を行います。


乗船して取材頂ける場合船の手配があるため、ご一報いただけますようお願いいたします。
 
 
↓↓↓DOWNLOAD↓↓↓

 

1) 3/2(土)12:15~ デザインお披露目会&事業説明会

  • 本プロジェクトにおけるロゴや体験コンテンツ用のツール、販促物などのデザイン発表会並びに今後の事業説明会を実施致します。

2) 3/2(土)13:30~ 海中熟成ワイントライアル水揚げ体験

  • 昨年10月13日に一般公募を中心とした県内外の18名で広田湾に沈めた地元のワイン(神田葡萄園)をはじめ、日本酒(酔仙酒造)などの水揚げ、海中熟成果実酒の設置体験を実施します

3) 3/3(日)09:30〜 専門家による事業アドバイス会

  • 広田湾海中熟成プロジェクトが抱える様々な課題に対して、専門家を招いて、課題解決並びに今後の事業展開に関するアドバイスを頂戴するワークショップを開催します。

[1]3/2(土)12:15~ デザインお披露目会&事業説明会

本プロジェクトにおけるロゴや体験コンテンツ用のツール、販促物などのデザイン発表会並びに今後の事業説明会を実施致します。

日時

2019年3月2日(土)12:15〜13:00

場所

神田葡萄園(洋館2階)〒029-2206 岩手県陸前高田市米崎町神田33

スケジュール

12:15

挨拶&プロジェクト概要説明

12:20

活動状況報告

12:25

デザイン発表会

-プロジェクトロゴ/商品ポスター/POP/体験コンテンツ用カルテ/のぼり旗/贈答用パッケージ etc

12:45

今後の展開

-味分析について

-体験サービスリニューアル内容

-体験コンテンツ提供方法 etc

13:00

終了

海中熟成が持つ、その希少性の高さや陸前高田の広田湾ならではストーリーに加え、デザインという視覚的に訴求することで、さらに観光体験コンテンツならびに特産品販売の魅力を高めることを狙いとするものです。
 

[2]3/2(土)13:30~ 海中熟成ワイントライアル水揚げ体験

昨年10月13日に一般公募を中心とした県内外の18名で広田湾に沈めた地元のワイン(神田葡萄園)をはじめ、日本酒(酔仙酒造)のSAKEの水揚げ、海中熟成果実酒の設置体験を実施します。

目的

1. 海中熟成ワインの体験コンテンツ化

-味の変化による熟成期間の確認

-水揚げ会による体験コンテンツの課題洗い出し

2. 持ち込みSAKEの海中熟成のトライアル

3. 海中果実酒の体験コンテンツ化

参加対象者

201810月のワイン設置体験トライアル参加者(2018年に一般公募で参加)

今後の取引先候補飲食店、一般消費者

合計20名ほどを想定(関係者含む)

参加料

無料 

※懇親会参加者は実費 / 持込SAKEについては別途

概要

❶葡萄農業体験ならびに海中熟成事前準備

神田葡萄園での葡萄作業体験と持込SAKE、海中熟成果実酒づくりに向けた設置体験

❷ワイン水揚げ&海中熟成設置

2019年10月13日に沈めた海中熟成ワイン(神田葡萄園)の水揚げと、ホワイトリカー並びに参加者が持ち込んだSAKEの海中設置を行います。

❸懇親会(実費)@しば多

当日水揚げした海中熟成ワインと地元海産物のペアリングを楽しみながら、参加者と漁師で懇親会を開催します。

申込方法

フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S88915479/

その他

❶海中果実酒の熟成体験について

地元酔仙酒造のホワイトリカーを使った海中熟成果実酒のトライアル体験を実施します。

3月にホワイトリカー(果実酒原酒:酔仙酒造甲類焼酎)を沈めて海中熟成させた後に、秋に再度果物の収穫体験と一緒に果実酒作りの体験ワークショップを開催します。

日本酒やワインのみならず、複数の地域資源を熟成させることで、継続的に陸前高田市を訪れるきっかけとするものです。

❷持込酒の熟成体験について(希望者のみ)

ご自身が普段飲まれているお酒などをご自身で持ち込んで、海中熟成を行います。

今後、市内の SAKEの認知並びに消費拡大を行うことは主目的としてありながら、よりお客様に楽しんで頂くための1コンテンツとして今回トライアルを行うものです。

水揚げ時期は2019年秋ないし2020年1月頃を予定。水揚げに来られない場合は、事務局で水揚げをして、別途着払で郵送。

[3]3/3(日)専門家による事業アドバイス会

広田湾海中熟成プロジェクトが抱える様々な課題に対して、専門家を招いて、課題解決並びに今後の事業展開に関するアドバイスを頂戴するワークショップを開催します。

日 時

2019年3月3日(日)9:30~12:00

専門家

篠崎 宏 氏( JTB総合研究所:執行役員 主席研究員 )

1990年JTBに入社。海外旅行支店、北海道営業本部を経て、JTB本社事業創造本部地域ビジネス事業部チーフプロデューサーに就任。地域活性化の戦略構築、観光客誘致戦略、新規ビジネスモデル構築などを専門に行う。2007年4月から現職。北海道大学経済学部卒。

地域戦略、地域ビジネスモデル構築、マーケティング調査、食・農業に関するモデル構築、長期滞在・移住ビジネスに関するモデル構築なども多く手がけている。知的財産の地域活性化での活用について研究を進めている。

スケジュール

本件に関するお問合せ

広田湾遊漁船組合 事務局:鍛治川(かじかわ)
TEL:0192-47-5397 FAX:0192-47-5387
問合フォーム

広田湾海中熟成プロジェクトについて